さらに利用しやすくなった省エネ住宅ポイントを活用して理想の住まいづくり

家を建てたりリフォームをするときに活用したいのが、国や県、市町村などの自治体の補助金。

そのなかでも、多くの方が利用したのが住宅エコポイントですね。

第三弾となる今回の省エネ住宅ポイントはさらに利用しやすくなっているので、新築・リフォームをお考えの方は見逃せませんよ!

fafef990e1402abc33f62fdd43f7a3a81

省エネ住宅ポイントとは?

  • 自から居住することを目的として、エコ住宅を新築される方とエコリフォームをされる方にポイントを発行します。
  • 発行されるポイントは新築は1戸あたり30万ポイントリフォームは1戸あたり上限30万ポイントの範囲で工事等の内容に応じたポイントが発行されます。(耐震改修を伴うエコリフォームの場合1戸あたりの上限は45万ポイント。)
  • ポイントが発行されるまでには、「ポイント発行申請」「ポイント交換申請」「完了報告」などの手続きが必要です。(手続きは、発行対象や諸条件により異なります。)

省エネ住宅ポイントより)

35

対象となるのは?

1)エコ住宅の新築

  1. 省エネ法のトップランナー基準相当の住宅
  2. 一次エネルギー消費量等級5の住宅
  3. 一次エネルギー消費量等級4の木造住宅
  4. 断熱等性能等級4の木造住宅
  5. 省エネルギー対策等級4の木造住宅

のいずれかを満たす新築住宅で、基準を満たすことを証明する登録住宅性能評価機関等の第三者評価が必要です。

2)エコリフォーム

1.窓の断熱改修

2.外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

3.設備エコ改修(エコ住宅設備を3種類以上設置する工事)

太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓という5つのエコ住宅設備のうち、3種類以上を設置すれば、ポイント発行の対象となりました。

太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機は、すべて設置台数に関わらず1戸あたり24,000ポイント。

節湯水栓は設置台数に関わらず1戸あたり3,000ポイントとなります。

 

のいずれかの工事と、それにあわせて行う以下の工事

4.その他の工事等
・バリアフリー改修(手すり設置と段差解消は、施工内容に応じて箇所数にかかわらず6,000ポイント、廊下幅等拡張は施工内容に応じて箇所数にかかわらず、30,000ポイント)
・エコ住宅設備(2種類以下)
・リフォーム瑕疵保険への加入
・耐震改修工事(1戸当たり 150,000 ポイント)

5.既存住宅購入に伴うエコリフォームによるポイント加算

 

3)完成済新築住宅の購入も対象に。

2014年12月27日以降に工事契約を結び、16年3月末までに着工することが条件となっています。

何に交換できるの?

  1. 省エネ・環境配慮に優れた商品(エコ商品、エコ商品券等)
  2. 地域振興に資するもの(地域商品券、地域産品、復興支援商品)
  3. 全国で使える商品券・プリペイドカード(商品の提供事業者が環境寄附を行うなど、環境配慮型のもの)
  4. 環境寄附、復興寄附
  5. 即時交換

今回は、前回のように被災地支援にポイントの半分以上を充当するというしばりはありません。

ここで注目したいのが「即時交換」です。

エコポイントの「即時交換」とは?

エコ住宅の新築やエコリフォームにより発行されたポイントを、当該工事を行う事業者が行う追加工事やグレードアップ工事の費用に充当することができる、というもの。

即時交換を利用すれば、費用を新たにかけずに、より理想に近い新築やリフォームができるというのはうれしいですね。

ただし、即時交換を行う場合、事業者が必ず代理申請(完了報告を含む)を行い、受付窓口に書類の提出を行う必要があるので、しっかりと事前に話し合いましょう。

受付開始日と期限

・ポイント発行申請の期間

受付開始:平成27年3月10日(ポイント予約申請も同様)~予算の執行状況に応じて公表※遅くとも、平成27年11月30日までには締め切り

・ポイント交換申請の期間

受付開始:平成27年3月10日~平成28年1月15日まで

・完了報告の期限<工事完了前のポイント発行申請を行った場合のみ必要>

エコ住宅の新築 戸建て:平成28年9月30日

エコリフォーム 戸建て、共同住宅等:平成28年6月30日

どれくらいエコポイントが受けられるのかエコリフォームのポイントを試算できるページがあるので、まずはここでチェックしてみるのがおすすめです。

まとめ

34

新たに始まった「省エネ住宅ポイント」は、前2回のエコポイント制度に比べて利用しやすくなっています。

以前の制度では大がかりなリフォームを必要でしたが、今回はピンポイントでのリフォームを行う場合にも適用されるためです。

そのため、これまでリフォームを考えていたけれどなかなか踏ん切りがつかなかった方にとっては非常に魅力的な制度といえます。

部屋の快適性を高めたい部屋に絞って効果的なリフォームをしたいならこの制度は活用しないと勿体ないですね。

なくなり次第、締め切られてしまう予定なのでお早目に申し込んだ方が安心ですよ。


ワタルハウスの家づくり Line up


N.style ワタルハウスの家づくり 家づくり動画

施工ギャラリー Gallary


  • Y様邸
  • T様邸
  • S様邸
  • H様邸
  • H様邸
  • U様邸
  • D様邸
  • M様邸
  • K様邸
copyrights 2016 wataruhose.com All rights reserved.