ローコスト住宅で失敗しないためのコツとは?

101ro

住宅は高額な買い物ですから、できるだけ安く作りたいと誰でも思います。しかし、単に価格だけを見てしまうと、住宅づくりとしては失敗してしまうことがあります。どんな失敗例が有るのか知って参考にしましょう。

 

◎どこをローコストにするかがポイント

ローコスト住宅を建てる際には、材料費、工事費、人件費のどこかを節約することになります。
コスト節約が考えられるのは次のような箇所ですが、節約すると次のようなデメリットが生じることがあります。

断熱材…家の重要部分なので節約すると暑くて寒い家に。結露によるカビのおそれもある
間取り…壁の量を減らせば材料費や工事費が浮くが、冷暖房費がかさむ可能性がある
窓…実際に住んでみたら暗いとなっても後付けには相当の費用がかかる
外壁塗装…劣化が早くなり、メンテナンス費用がかさむ
設備や部材…使い勝手が悪くて再設置したり、耐久性が悪く早期交換になることがある
床張りや壁張り…自分たちでやれば工事費が浮くが、手間と時間がかかる

 

◎坪単価での見積りに要注意

ローコスト住宅では見積りを総費用ではなく坪単価で算出している工務店が多いですが、実際には地盤改良や外構工事費などの諸費用がかさんで予算オーバーになるケースがあります。相見積りを取る場合でも、どこまで含んでいるのかきちんと確かめておきましょう。

 

◎坪数を減らせないか考える

単純に建築費用を安くあげようとすると、どこかに無理がきて住みにくい家になる危険性があります。節約を考えるなら、希望している建坪を見直してみましょう。家が小さくなればそのぶんコストも抑えられます。

 

◎工務店にローコストにできる理由を聞く

施工会社がどうやってローコストでの建築を可能にしているのか聞きましょう。展示場を持たない、余分な広告を出さない、社員数を減らして外注するなど自社内で費用節約の取り組みをしっかり行っている会社なら安心です。

 

◎上手に建てるには、設計・施工会社とよく相談することが大事

ローコストにするポイントを間違えると、思ってもみなかった不具合に見舞われることになります。成功のポイントは工務店に任せっきりにせず、自分でも勉強すること。メリット、デメリットを知り、よい工務店を選んで建ててください。

 

当店では以上を踏まえたローコスト住宅、まさに自分サイズの家づくりを行っています。

不透明な価格に不安がございましたら、ぜひこちらもご覧になってください。

komikomi1


ワタルハウスの家づくり Line up


N.style ワタルハウスの家づくり 家づくり動画

施工ギャラリー Gallary


Y様邸
T様邸
S様邸
H様邸
H様邸
U様邸
D様邸
M様邸
K様邸

土地を探したい方は




忙しくて土地を見つけられるか不安な方はコチラ


来店できない場合は、その旨お書き添えください。メールにてお返事を差し上げます。

copyrights 2016 wataruhose.com All rights reserved.