夢のマイホーム!新築住宅を建てるときの基礎知識について

年齢と共に家族構成や仕事などにより、新しい家を建てるタイミングは人それぞれあると思います。

新築住宅を建てるとき、ほとんどの方が初めての購入になるのではないでしょうか。

今まで経験が無い分、どのようなところに気を付けるべきなのか、どのように住宅を建てれば良いのか、どんな会社に任せるべきなのかなど色々と調べることも多いでしょう。また、購入を検討しているけど、本当に購入すべきなのか、賃貸と比べてどっちがお得なのかなど、将来の事も考え購入か賃貸か悩んでいる方も少なくないしょう。

そのような方のために、今回は新築住宅を建てるときの基礎知識についてご紹介していきます。

これから新築住宅の購入を検討されている方は、是非参考にしてください。

新築住宅には種類がある

新築住宅の購入を検討されている方で、初めに知っていただきたいのは、住宅を購入する時には、住宅の種類があるという事です。

住宅の種類は以下の4つのパターンがあります。

・建売(たてうり)住宅

・売建(うりたて)住宅

・注文住宅

・建築家住宅

 

それぞれ細かく違いを見ていきましょう。

 

・建売(たてうり)住宅

建売住宅というのは、不動産会社が保有している土地に注文が入る前に家を建て、その家を内覧された方が気に入って、土地ごと購入するというケースです。

このケースでは、既に土地と家がそこにあるため、住んだときのイメージがつきやすく、「こんな風になると思わなかった」という後悔が生まれにくいタイプです。

しかし、一方で既に建っているため場所を選択できないことや、住宅の一部を変更したいと言った要望には応えられません。

住宅の間取りや場所などが気に入った場合にはこのタイプが良いでしょう。

 

・売建(うりたて)住宅

売建住宅は、建売とは違い、まずは土地を購入します。土地を選び、不動産会社やハウスメーカーが保有している土地を選んだ後、ハウスメーカーや工務店に依頼して、購入した土地に家を建てるというタイプです。

土地を選んでいる際に、良いと思った土地が、ハウスメーカーが保有している場合には、ハウスメーカーを選ぶことができないのが一般的で、保有しているハウスメーカーで建てることになります。

まずは場所を優先したいという方はこちらのタイプがおすすめです。

 

・注文住宅

注文住宅は、売建住宅と似ており、土地ありきの購入となります。

売建と違う点としては、売建はある程度設計書が出来上がっており住宅を建築する際の費用や材料などが決まっているケースが殆どですが、注文住宅は一から全て決めることが出来るため、要望に合った新築住宅の建築が可能です。

家にこだわりがあり、自分の希望に合った住宅を建てたい場合には、このタイプが良いでしょう。

 

・建築家住宅

建築家住宅は、注文住宅の中でもハウスメーカーに頼む場合と違い、0から建築家と一緒になって希望の住宅を作ることが出来るものです。

注文住宅でも、ある程度間取りなどが決まっているところから自分の希望を伝えていくことが多いですが、建築家は1棟1棟を完全なオリジナルで設計することが出来るため、好きな建築家がいる場合には、建築家に依頼するという方法もあります。

 

 

まとめ

ここまで、新築住宅を建てる時の種類や施工会社の種類についてご紹介していきました。

新築住宅を購入する際には、様々な種類と施工会社があり、それぞれ特徴があるため、購入を検討されている方は是非参考にしてください。

また、購入と賃貸で悩んでいる方も、ご自身にとってどちらが将来的にメリットがあるか、検討されてみて下さい。


ワタルハウスの家づくり Line up


N.style ワタルハウスの家づくり 家づくり動画

施工ギャラリー Gallary


Y様邸
T様邸
S様邸
H様邸
H様邸
U様邸
D様邸
M様邸
K様邸

土地を探したい方は




忙しくて土地を見つけられるか不安な方はコチラ


来店できない場合は、その旨お書き添えください。メールにてお返事を差し上げます。

copyrights 2016 wataruhose.com All rights reserved.