屋根のリフォームってどうしてる?悩んでるならコレ!

屋根は、家を守ってくれる大切な存在です。しかしその屋根も永遠に家を守ってくれるわけではなく、知らない間に傷みが進行し、いずれは役割を果たすことができなくなる時が来ます。

またかなり傷みが進行してからでは、屋根だけではなく家の中にまでダメージが及び、思わぬ修理費が発生してしまうこともあります。

つまり、屋根は放っておくと大変なことになるのです。

そのため早め早めでメンテナンスを行う必要があるのですが、実は最近、様々な種類の瓦を使って屋根のリフォームが行われるようになっています。ここでは、最近人気が高まっている瓦についてご紹介させていただきます。

 

リサイクル アルミ瓦

まずはアルミ瓦についてです。
アルミ瓦とはその名の通りアルミ合金を使って作られた瓦で、その重量は通常の瓦の約4分の1とかなり軽く、建物への負担が少ないというのはもちろん、耐震性にも優れています。また耐久性もかなり強く、その耐用年数は100年間といわれています。さらにアルミ瓦は再生アルミを使って使われているため、100年後に瓦を取り外した後は、これを完全リサイクルして再度使用することができます。

 

Tルーフ

Tルーフとは、1㎡あたり7kgという超軽量タイプの屋根材です。そのため、この屋根材を使って建てられた家は、通常の瓦を使って建てられた家とは異なり、地震等による倒壊の可能性が低くなっています
またカラーバリエーションも豊富で、様々なデザイン・カラーの家に良くなじみます。
Tルーフの魅力は、軽いということやデザイン性に優れているということだけではありません。というのもこの屋根材、非常に長持ちしてくれるのです。Tルーフは基材にガルバリウム鋼材が使われているため劣化しにくく、頻繁に塗り替えをする必要もないというわけです。
以上のように、最近は様々な屋根材を使って屋根のリフォームをする方が多くなってきています。

屋根のリフォームを依頼する際は、何種類かの屋根材を揃えていて色々な提案をしてくれる業者を選ぶことをおすすめします。

屋根は家の守り神といっても過言ではありませんので、妥協をしないで納得のいく屋根材を選びましょう。


ワタルハウスの家づくり Line up


N.style ワタルハウスの家づくり 家づくり動画

施工ギャラリー Gallary


Y様邸
T様邸
S様邸
H様邸
H様邸
U様邸
D様邸
M様邸
K様邸

土地を探したい方は




忙しくて土地を見つけられるか不安な方はコチラ


来店できない場合は、その旨お書き添えください。メールにてお返事を差し上げます。

copyrights 2016 wataruhose.com All rights reserved.