真のローコスト住宅を建てるための5つのポイント

 

01

 

ローコスト住宅とは、その名の通り低価格で建てられる家のことです。しかし、コストを下げることばかりを考えていると、デメリットが大きく表れる家になってしまいます。ローコスト住宅を建てるのであれば、低価格で本当に良い家を建てるにはどうすればよいかを知っておく必要があります。良いローコスト住宅を造るための5つのポイントをまとめてみました。

 

1.家づくりにかかるコストについてきちんと勉強する

安く建てられればよいと坪単価だけを見ていては、良い家は建ちません。家づくりには思いのほか諸経費がかかります。建物の本体価格だけでなく、地盤調査、確認申請、電気工事、ガス工事、登記費用など、家づくりにかかるトータルの費用をきちんと確認し、本当にローコストなのか考える必要があります。

 

2.住んだ後にかかる光熱費を計算しておく

ローコスト住宅はイニシャルコストが抑えられる代わりにランニングコストがかかるといわれています。建てるときは安価に建てられても、建物の性能が比較的低いがゆえに毎月の光熱費などが高額になりやすいのです。長く住んでいるうちに結局高額なコストがかかってしまえばローコスト住宅を選んだ意味がありません。気密性や断熱性はどの程度あるのか、夏冬の光熱費はどのくらいかかるのか試算してもらいつつ、どうコストを抑えて快適に過ごすかを考えておきましょう。

 

3.何に費用をかけ、何にかけないかを自分たちで決める

ローコスト住宅も注文住宅ですから、自分たちで決める部分がたくさんあります。あれもこれもと欲張っては費用がかさみますから、どうしても妥協できない部分をはっきりさせ、優先順位をつけて予算を配分するようにします。

 

4.シンプルな設計をどう生かすか考える

ローコスト住宅は、コスト削減のため無駄を省いたシンプルな家が多くなります。狭い敷地を最大現に生かせる四角形の家が多く、設備や建材は大量生産の規格製品を使っています。この点を理解せず、オプションを加えてしまうと思わぬ出費につながります。シンプルで一般的だからこそ住みやすい、間取りで悩まなくてよい、後でDIYがしやすいなどのメリットもあります。必要最小限の家を建て、住みながらその家をどう育てていくかを考えておくとよいでしょう。

 

5コストダウンの方法を知っておく

住宅にはコストダウンのポイントがいくつかあります。壁や建具、窓を必要以上に増やさない、複雑なデザインにしない、設備は必要最小限にし一カ所にまとめるなど、コストを下げる選択を行うようにします。

 

ローコスト住宅を造るには、建てる側が積極的に関わっていかなければなりません。真のローコスト住宅を造るのは、施工会社ではなく住む人なのです。

 


ワタルハウスの家づくり Line up


N.style ワタルハウスの家づくり 家づくり動画

施工ギャラリー Gallary


Y様邸
T様邸
S様邸
H様邸
H様邸
U様邸
D様邸
M様邸
K様邸

土地を探したい方は




忙しくて土地を見つけられるか不安な方はコチラ


来店できない場合は、その旨お書き添えください。メールにてお返事を差し上げます。

copyrights 2016 wataruhose.com All rights reserved.