知らないと損!!今日から実践できるキッチン収納術3選

キッチンは、その収納方法によって見た目をスッキリとキレイにすることができるというのはもちろん、使い勝手を良くすることもできます。

ここでは、今日からでも実践することができるキッチン収納術についてご紹介させていただきます。

1.タオルハンガーを使って鍋のふたをスッキリ収納

キッチンにおける収納に困るアイテムのひとつに、「鍋のふた」があります。
フライパンや鍋がダメになってしまってもフタだけはまだ使うことができるから置いておこう・・・。
なんてことを繰り返していると、いつの間にかキッチンが鍋のフタだらけ、という方も多いのではないのでしょうか!?

そこでおすすめしたいのが、タオルハンガーを使った収納術です。
100円ショップ等で販売されているタオルハンガーを食器棚の内側などに取り付け、そこに鍋のふたをひっかけておのです。
そうすれば、引き出しを開けた時に鍋蓋の取っ手が引っかかる、といったこともなくなります。

2.レンジでよく使うグッズは壁のアクセントとして利用しよう

おたまやフライ返し、レードルといったキッチンでよく使うものは、簡単に取り出し、なおかつ簡単にしまえる場所に収納しておきたいですよね。
だからといってこれらの道具をビンなどにさして作業スペースに置いておくというのも味がありません。

そこでおすすめしたいのが、こういったキッチンツールをインテリアの一部として利用してしまう、という方法です。
壁にフックを取り付け、そこにフライ返しやレードなどをかけておきましょう。おしゃれなデザインのキッチンツールを選べば、キッチンのアクセントにすることもできますよ!?

3.ジョイントプレートラックでデッドスペース解消

100円ショップでは、積み重ねて使うことができるジョイントラックが販売されています。
キッチン上部の棚は高さが余裕を持って作られているため、ただ単に物を置いているサケでは上の方にデッドスペースが生まれてしまいます。
この点、ジョイントプレートラックを使えばデッドスペースを有効活用し、食器や小物類などを沢山収納することができるのです。


ワタルハウスの家づくり Line up


N.style ワタルハウスの家づくり 家づくり動画

施工ギャラリー Gallary


  • Y様邸
  • T様邸
  • S様邸
  • H様邸
  • H様邸
  • U様邸
  • D様邸
  • M様邸
  • K様邸
copyrights 2016 wataruhose.com All rights reserved.